IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

システムエンジニアの年収と仕事を紹介!

システムエンジニアの年収と仕事を紹介!

システムエンジニアは、1つのシステムを作り上げるなかで、さまざまな役割を果たす職種です。システムエンジニアの業務はシステムの企画からシステムの保守までと多岐に渡るため、システム開発においてシステムエンジニアは欠かせない存在です。ここではシステムエンジニアの仕事内容や年収、必要なスキルについて紹介します。

システムエンジニアの平均年収

厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査(平成28年)によると、システムエンジニアの平年年収は、394万円~607万円が目安です。日本の一般労働者全体の平均月収30万円から計算した年収が約360万円なので、システムエンジニアの平均年収はやや高めといえるでしょう。

・20代で約400万円、30代で約530万円が中心

システムエンジニアの平均的な年収は20代で394万円、30代で533万円です。ただし、入社直後の初任給の平均は21万円ほどのケースも見られます。システムエンジニアをはじめ、ITエンジニアは実務経験やスキルが増えることによって、年収が上がっていく傾向にあります。そのため、経験を積み重ねた30代の人材は、業界全体での需要も高まる傾向があります。システムエンジニアが年収アップを狙うには、個人のスキルアップは不可欠でしょう。

・40~50代で年収のピーク

40代のシステムエンジニアの平均年収は607万円です。40代後半から50代前半で年収のピークを迎え、平均で689万円となります。一般企業に勤める40代の平均が477万円であることを考えると、40代のシステムエンジニアの平均年収は高水準といえるでしょう。

システムエンジニアの年収が高い理由のひとつに、IT業界全体の人手不足が挙げられます。IT化のスピードが速いため、IT人材の供給よりも需要が高い傾向があり、人材確保のために給与が高まっていると考えられます。また、人材不足で残業が発生しやすいことも、システムエンジニアの年収を押し上げている一因といえそうです。

IT業界はさまざまな業種に細分化され、業種ごとに平均年収の差があります。たとえば、金融系は大規模な開発となることも多いため、全体的な年収も高い傾向にあるのが特徴です。

また、アジア圏内と比較した場合、日本国内のシステムエンジニアの平均年収は高水準ですが、英語力を活かして外資系企業のシステムエンジニアを目指すことで、さらに年収アップすることも可能です。

システムエンジニアはIT化の推進により、さまざまな分野で活躍しています。各分野での専門的な知識に加え、社内外におけるコミュニケーション能力やシステムに関する幅広い知識などのスキルを磨くことで市場価値の高い人材となれるでしょう。

システムエンジニアの仕事内容

システムエンジニアの主な仕事は、プロジェクトの「上流工程」と「下流工程」のどちらを担当するのかで異なります。上流工程では、必要事項をまとめる「要件定義」や実装する機能や仕様などの詳細を決める「設計」を担当します。

なお、発注企業との要望のすり合わせを行う「企画」や、予算や人員の確保、進捗管理などの「マネジメント業務」もシステムエンジニアが担当することがあります。また、問題を解決する手段が実現可能なのかチーム内で調整することが求められた場合、その結果を発注企業へフィードバックし、仕様の調整を進めるのもシステムエンジニアの役割です。

下流工程では、プログラミング作業で機能を実装していく「開発」や実装した機能の「テスト」、すでに稼働しているシステムの修正やメンテナンスなどをおこなう「運用・保守」などを行います。

システムエンジニアのなかには、「社内システムエンジニア」という職種もあります。他社のシステム開発ではなく、自社のシステム開発や運用を担当しますが、企業によって仕事の内容は異なるようです。

システムエンジニアに必要なスキル

システムエンジニアに必要なスキル

システムエンジニアがシステム開発を行うときに大切なのは、正確にニーズをくみ取り、ソリューションを提供することです。とくに企業のシステム開発を行う場合は、要求されるシステムに関連した、固有の専門知識が求められることも少なくありません。システムエンジニアがこれらの業務を遂行するためには、以下のスキルが必要となります。

コミュニケーション能力

システムエンジニアの仕事である要件定義には、企業やプロジェクトメンバーとのやりとりが不可欠です。要件定義と呼ばれる工程では、企業の要望をヒアリングし、プログラマーに正確に伝える必要があります。また、問題の解決策を分かりやすく企業に説明しなければなりません。そのため、コミュニケーション能力は重要なスキルとなります。

技術的な知識

企業の要望をヒアリングする際に、要求されるシステムを実現ためにはどのような要件定義や設計を行えばよいのか考えなくてはなりません。このとき、技術的な知識が必要となります。IT業界のトレンドは目まぐるしく変わるため、常に最新の技術や知識を習得しておくと、より最適な要件定義やシステム設計が可能となるでしょう。

企業の要求をプログラマーへ伝える際にプログラミングの基礎知識があれば、問題を解決する手段が実現可能か否かをスムーズに判断できます。システムエンジニアとして1つのシステムを作り上げるなかで、ソフトウェアだけではなくハードウェアやデータベースなどのプログラミング以外の技術的な知識を持っているとよいでしょう。

論理的な思考力

要件定義や設計において、論理的な思考力は必要不可欠です。システムエンジニアは、企業の要望をもとに要件定義を行います。この際、企業が抱える問題に対して、解決策や改善案を論理的に説明する必要があります。プログラマーへ伝える設計に対しても同様です。設計する際に問題解決に至るまでの方法が論理的でなければ、実現することが難しくなってしまうでしょう。

システムエンジニアのキャリアパス

システムエンジニアのキャリアパス

システムエンジニアとして経験を積み重ねていくなかで、一般的なキャリアパスとして考えられるものは2つあります。

プロジェクトマネージャー

システムエンジニアのキャリアパスとして挙げられるのが、マネジメントのスキルを伸ばしてプロジェクト全体を管理する「プロジェクトマネージャー」です。プロジェクトマネージャーは、プロジェクト全体のマネジメントを担当します。プロジェクトの立ち上げから納品までの間に、プロジェクト全体のスケジュール管理や予算管理、プロジェクトメンバーのシフト管理など、さまざまな管理を一手に引き受けるため、責任は重大ですが、その分やりがいも大きいようです。

ITスペシャリスト

システムエンジニアとして専門知識を深めていくことで、「ITスペシャリスト」というエンジニアを目指すキャリアパスもあります。ITスペシャリストは、プラットフォームやアプリケーション、ネットワークやデータベースなどの6つの分野のなかで、特定の分野を極めたエンジニアです。そのため、ITスペシャリストは、ほかのシステムエンジニアができないような、難易度の高いシステム構築を任されるケースことがあります。プロジェクト管理を行うよりも、現場で技術力を活かして仕事をすることが好きな人に向いているキャリアパスといえるでしょう。最近ではAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などの最新技術に対応できるシステムエンジニアが少ないということもあり、かなり厚遇されているようです。

システムエンジニアの年収と仕事を紹介!についてのとめ

システムエンジニアは今後も継続的な需要が見込めるうえに、一般的な会社員よりも高い年収を目指すことができる職種です。システムエンジニアからプロジェクトマネージャーなどを経験し、自分に向いている分野を見つけてITスペシャリストエンジニアになると、より市場価値の高い人材になれるでしょう。

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ