Warning: The use statement with non-compound name 'RstoneBreadcrumb' has no effect in /home/xs781375/rstone-jp.com/public_html/preview.rstone-jp.com/rstone/wp-content/mu-plugins/rstone-wrapper/rstone-hooks.php on line 3
プロジェクトマネージャーとは?必要なスキルと資格を紹介 - IT,WEB,ゲーム業界の転職支援サービス│ R-Stone
IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

プロジェクトマネージャーとは?必要なスキルと資格を紹介

プロジェクトを進めるには、プロジェクト全体を管理する人が必要となります。この役割を担うのが「プロジェクトマネージャー」です。やりがいがある反面、責任が重い立場でプロジェクトの成功を左右する重要な職種でもあります。今回は、プロジェクトマネージャーの仕事内容や年収について確認しておきましょう。

 

プロジェクトマネージャー とは

プロジェクトマネージャー(PM)とは、プロジェクトにおける役職名で、プロジェクトを成功に導くことが目標です。全体をマネジメントする管理者として、プロジェクトのメンバーやスケジュール、予算、品質、納期、成果物などに対して全責任を持ちます。そのため、プロジェクトマネージャーは、プロジェクトを成功させるために、プロジェクト全体に関わる意思決定をすることが可能です。

 

プロジェクトの責任者のため、方向性を決めるのも基本的にプロジェクトマネージャーの職務です。そのため、プロジェクトマネージャーが誤った方向に舵を切ってしまった場合、プロジェクトに与える影響は大きくなります。また、大規模なプロジェクトにおいては参画メンバーも多くなります。このとき個々のメンバーに作業管理を任せてしまうと、メンバー間で作業の行き違いや認識のずれなどが発生しやすくなります。このようにプロジェクトの規模が大きくなるほど、プロジェクト全体を管理するプロジェクトマネージャーの重要度が増すのです。

 

プロジェクトの規模や性質によりプロジェクトマネージャーが行う業務はさまざまですが、具体的には以下のような業務あります。

・プロジェクトの企画と立案

・プロジェクトメンバーの選定と手配

・プロジェクト全体のスケジューリング

・システム開発

・チームにおける対人関係のサポート

・リリース計画の策定

・プロジェクト終了後の振り返り

など

 

通常のプロジェクトメンバーは、プロジェクトが終了すると作業を終えるのが一般的です。しかし、プロジェクトマネージャーはプロジェクトが終了したあとに、問題点や課題があったかどうかを振り返る必要があります。

 

また、上記に挙げたものは、プロジェクトマネージャーが行う業務のほんの一部です。プロジェクトマネージャーの仕事内容には、これ以外にも顧客との折衝や他部署との連携など対外的な業務も発生します。プロジェクトマネージャーは予算やスケジュールに関する調整、管理が必要となることから、IT技術者としてのシステム開発能力よりも、管理者やリーダーとしての能力を必要とする仕事なのです。

 

プロジェクトマネージャーとリーダーとの違いとは

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーは業務範囲が似ている部分がありますが、基本的には別と考えた方がよいでしょう。プロジェクトマネージャーは、マネジメントに特化した職種です。予算やスケジュールの管理を行うことで、プロジェクトを円滑に進行させるのが主な役割となっており、IT関連のスキルとともに、経営者的なスキルも必要となります。

 

一方、プロジェクトリーダーの役割は、現場のリーダーとして指示を出すこと。つまり、チームの意見をまとめ、現場のメンバーの先頭に立つ存在です。メンバーとのコミュニケーションが多く、プロジェクトのメンバーがフォローを必要としている場合、基本的にはプロジェクトリーダーが対応します。また、プロジェクトリーダーはプロジェクトマネージャーに比べて現場サイドでの作業が多いため、プログラミングスキルなどの技術力が生かしやすい職種といえます。

 

そして、顧客とのコミュニケーションの内容にも違いがあります。プロジェクトマネージャーは主に予算やスケジュールについて、プロジェクトリーダーは仕様に関する確認や成果物についての説明を担います。

プロジェクトマネージャーの平均年収と市場価値

プロジェクトマネージャーの平均年収は、20代で468万円、30代で622万円です。同年代と比べると高水準の傾向があり、システムエンジニアやプログラマーなどのIT関連職と比較しても高水準といえるでしょう。年齢が上がるほど平均年収が高くなるのは、プロジェクトマネージャーとしての業務経験が長くなって実績やスキルが高まることが影響しています。

しかし、上記で紹介した金額は、あくまで平均年収です。優秀なプロジェクトマネージャーの場合は、年収1,000万円を超えるケースも十分あり、高い年収を狙うことも不可能ではありません。

プロジェクトマネージャーがシステムエンジニアやプログラマーよりも年収面で高水準となる理由としては、作業内容の難易度が挙げられるでしょう。予算やスケジュールを組む際、開発するシステムのレベルについて見積りをする必要があります。システムエンジニアやプログラマーとしての開発経験を十分に積んでいれば、現実的な工程算出ができ、より精度の高い見積もりを行うことができるでしょう。このように、プロジェクト全体を統括するプロジェクトマネージャーは、プロジェクトにおける作業範囲が広くなります。そのためプロジェクトマネージャーをこなせる人材というのは優秀で希少性が高く、市場価値が上がりやすい傾向があります。

 

プロジェクトマネージャーに必要なスキルとは

プロジェクトマネージャーは、顧客や社外の人間といった多方面の人との交渉や報告、プロジェクト管理、プロジェクトリーダーやメンバーのサポートなどといった幅広い業務をこなします。そのため、さまざまなスキルを求められることがあるのです。その中でも重要なスキルをご紹介します。

・マネジメントスキル

プロジェクトの規模や予算を的確に把握し、スケジュール通りに進めるマネジメント能力は欠かせないスキルのひとつです。チームの進捗を常に把握してスケジュールや人員などをハンドリングする必要があります。また、計画通りに進めることも大切ですが、イレギュラーな事態が発生した場合は、対応できるリカバリー策を立案してすみやかに正常な方向へ軌道修正しなければなりません。俯瞰で物事を捉えられる人は、プロジェクト全体を見渡すプロジェクトマネージャーに向いている可能性があります。

 

・コミュニケーション能力

プロジェクトマネージャーのコミュニケーションは広範囲に及びます。プロジェクトを滞りなく進めていくためには、関係者に対して、提案・交渉・連絡といった適切なコミュニケーションを取れる能力が必要です。

 

・リーダーシップ

最終的にはプロジェクトマネージャーがプロジェクトの責任を持つ立場のため、適切にリーダーシップを発揮できることが大切です。すべてを自分で決めるのではなくプロジェクトリーダーに任せる部分は任せるなど、チームとして必要なリーダーシップを取ることで、よりよいプロジェクト運営ができる可能性が高まります。

 

プロジェクトマネージャーのキャリアパス

プロジェクトマネージャーになるにはどうしたらよいのでしょうか。また、プロジェクトマネージャーのキャリアパスにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

・プロジェクトマネージャーへのキャリアパス

プロジェクトマネージャーになるには、プロジェクトで経験してきた知識やスキルが役に立ちやすいことから、ある程度の実務経験が求められます。そのため、未経験でプロジェクトマネージャーへと転職するケースは少ない傾向にあります。

 

また、新人からプロジェクトマネージャーを目指す場合、まずはプログラマーなどで、プロジェクトメンバーとしてのキャリアからスタートするのが一般的です。プログラマーから設計を行うシステムエンジニア、プロジェクトを管理するプロジェクトリーダーといった順に経験を積み、その後にプロジェクトマネージャーになるのが一般的なキャリアパスです。

 

・プロジェクトマネージャーからのキャリアパス

プロジェクトマネージャーのキャリアパスには、「ITスペシャリスト」や「ITコンサルタント」という職種を目指すという方法があります。

 

ITスペシャリストは、プロジェクトにおいてネットワーク・データベース・アプリケーションなどの特定分野を専門的につきつめたエンジニアです。ITコンサルタントは、プロジェクトマネージャーより上流工程を担当する職種で、顧客企業の経営課題をヒアリングし、解決するためシステムを提案します。

 

まとめ

プロジェクトマネージャーは、求められるスキルやレベルが高く、需要が安定しており、高収入を得ることも可能です。自身のマネジメントがプロジェクトに大きく反映されるため、それが大きなやりがいと感じている人もいるようです。管理業務やコミュニケーション力、課題解決力に自信のある方は、プロジェクトマネージャーというキャリアパスを検討してみてはいかがでしょうか。

 

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ