Warning: The use statement with non-compound name 'RstoneBreadcrumb' has no effect in /home/xs781375/rstone-jp.com/public_html/preview.rstone-jp.com/rstone/wp-content/mu-plugins/rstone-wrapper/rstone-hooks.php on line 3
プログラマーとは?仕事内容と必要なスキルを解説 - IT,WEB,ゲーム業界の転職支援サービス│ R-Stone
IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

プログラマーとは?仕事内容と必要なスキルを解説

プログラマーとは、広義のプログラミングを行う職種です。プログラミングはWebサービスやスマートフォン向けアプリ、ゲーム、家電などの多種多様な商品・サービスで不可欠であるため、現代社会においてプログラマーは必要な存在であるといえます。ここではそんなプログラマーの仕事内容や年収、必要なスキルなどについて見ていきましょう。

プログラマーとは

プログラマーという名称で呼ばれる職種にはさまざまなものがありますが、細分化したほうが各々の仕事内容も分かりやすいでしょう。プログラマーに分類できる職種とそれぞれの仕事内容、使用されている主な言語について解説します。

・Webプログラマー

Webプログラマーは、プログラマーのなかでも特に需要の多い職種で、活躍の場も多岐にわたります。Webサイトや関連するサーバーの構築などを行うため、あらゆるWebサイトはWebプログラマーによって制作・運営されているといっても過言ではありません。WebプログラマーがWebサイト構築で使用する主な言語には、JavaやPHP、Pythonなどが挙げられます。また、サーバーの構築も行う場合にはLinuxやApacheといったソフトウェアを使いこなすスキルが必要です。

・アプリケーションプログラマー

とりわけスマートフォンで使用されることの多いアプリは、アプリケーションプログラマーによって開発されています。ユーザーにとって使いやすいアプリを開発するために、そのアプリが利用されるハードウェア、シーンや目的などを踏まえて最適な画面や動作などを実装していきます。この職種ではJavaやC#、Pythonなどの言語が使用されます。

・汎用系システムプログラマー

汎用系システムプログラマーとは、企業などで使用されている大型コンピュータの汎用系システムを開発するプログラマーです。汎用系システムでは膨大な量のデータを処理するため、より高度な開発技術が求められます。使用される主な言語はCOBOLやJavaです。Java はほかの開発においても使用率が高い言語ですが、COBOLはほかの分野ではあまり使用されないようです。

・ゲームプログラマー

ゲームの開発現場でも、多くのプログラマーが活躍しています。ゲームプログラマーにはゲームならではの動作やグラフィックを具現化することが求められるため、この分野に特化した知識や開発スキルを習得しなければなりません。ゲームプログラマーが使用する主な言語には、C++やC#があります。

・組み込み系システムプログラマー

一見すると高度な技術は使用されていないようなものにもプログラミング技術は応用されており、エアコンや洗濯機などの家電や、カーナビやデジタルカメラなどの精密機器などにもシステムが組み込まれています。その開発を行うのが組み込み系システムプログラマーです。この職種で使用される言語にはJava、C++などがあります。

プログラマー平均年収と市場価値

プログラマーとして働くことを考えている方のなかには、平均的な年収や需要、市場価値について知りたいという方も多いでしょう。プログラマーという職種は上述したとおり細分化ができ、それぞれ違いがありますが、全体としては以下のような年収が目安となります。

・20代では400万円、30代では500万円が目安

プログラマーの年収は、仕事内容や勤務する企業規模などによっても変化しますが、20代で400万円、30代で500万円が平均的な目安です。日本人全体の平均年収が約440万円であることを考えれば、継続して従事することにより、平均よりも高い年収が期待できるといえるでしょう。ただし、個人のスキルも大きく関係するため、より多くの収入を得るためには、若いうちからスキルアップを図ることが重要です。

・40代以降はより高い役職を目指すことが重要

長年にわたってプログラマーの仕事に従事していると、上流の仕事に携われる機会も多くなってきます。上流の仕事ではマネジメントやクライアント対応などが増えるため、プログラミングをするだけの仕事と比べて年収が高くなる傾向にあります。特に40代以降ではより高い役職を目指すことが高収入につながるでしょう。

・人手不足の顕在化により、需要・市場価値ともに高くなっている

少子高齢化が進む日本では、プログラマー不足が顕在化しつつあります。そのため、プログラマーに対する需要や市場価値は高まりを見せており、一定の技術を身につければ安定した収入を得やすくなる職種であるといえるでしょう。

プログラマーの平均年収について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

プログラマーの平均年収とは?年収を上げる方法を紹介

プログラマーになる方法

プログラマーになる方法

求人サイトのプログラマー募集には未経験者可のものもありますが、基本的には就職する前段階で基礎的なプログラミング技術を習得しておかなければなりません。続いては、プログラマーになる方法と向いている人をご紹介します。

<プログラマーになる方法>

・スクールに通う

プログラマーになる上では、スクールへ通いながら言語の習得を図るのが効率的です。スクールでは、実践的なプログラミングを経験することや講師への質問なども可能なため、しっかりとした基礎を身につけることができます。

・独学でプログラミング言語を学ぶ

プログラミングの基礎は、独学で身につけることも不可能ではありません。仕事をしていてスクールへ通う時間がないという方などは、書籍やプログラミング学習サイトなどを利用して独学でプログラミング言語を勉強するという方法があります。

<プログラマーに向いている人>

・作業効率について考えられる人

プログラマーの仕事の根本には、複雑な作業を言語で処理し、簡素化するという目的があります。そのため、どうしたらエラーを出さずに少ない手順で正しい処理ができるか、という効率を考えることは非常に重要なのです。作業効率について考えることが習慣化している人は適性が高いといえるでしょう。

・向上心がある人

プログラマーとして働く上では、スキルアップをすることも重要です。IT業界では新しい技術や言語が生まれることがあり、案件によってはこのような新技術が用いられることがあります。一定の仕事を覚えたら、それで満足してしまう人よりは、新技術の習得を前向きに捉え、自らスキル向上に努められる人のほうがプログラマーに向いているといえます。

プログラマーのキャリアパスとは

プログラマーのキャリアパスとは

プログラマーとして働く上では、キャリアについてよく考えることも大変重要です。とりわけ以下の3点については常に意識し、目の前の仕事だけでなく将来の働き方に対してもよく考えるとよいでしょう。

・プログラマーは上の役職を目指しやすい

プロジェクトには「企画立案」「設計」「要件定義」といった上流工程と、「プログラミング」や「テスト」といった下流工程があります。上流工程はプロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダー、システムエンジニアなどが担当し、プログラマーは主に下流工程を担当します。特に新人のプログラマーは、まずは下流工程からスタートすることが多いようです。経験を積んでいくと徐々に上流工程に携わる機会も増え、上位の役職を目指しやすくなります。プログラマーとしてのキャリアを考える際には、まずは今の仕事の上流を目指すことを第一に考えるとよいでしょう。

・プログラミング経験を活かせる関連職が多く、転職しやすい

プログラマーが習得する言語はさまざまな分野で使用されているものも多く、マスターしているプログラミング言語によっては活かせる職場を探しやすくなります。例えば、アプリケーションプログラマーとして働く過程でC#を習得した場合、この言語を使用することが多い職種としてゲームプログラマーが挙げられます。このようにプログラミング経験は、プログラマーのキャリアパスのひとつとなります。

・上流で経験を積んだら起業やフリーランスになるのもおすすめ

プログラマーとして上流で経験を積むと、上流から下流までの仕事の流れを把握することができます。このレベルにまで達すると、企業の立ち上げやフリーランスになる選択も可能となるでしょう。

プログラマーとは?仕事内容と必要なスキルを解説についてのまとめ

プログラマーという仕事は、IT業界を支える重要な職種です。使用できるプログラミング言語によっては多方面で需要が見込めるため、安定した収入が期待できます。長く働いて経験やスキルを積めば、より上位の役職や、上位企業への転職といったキャリアパスが可能です。スキルアップを図ると同時に自身の将来像を明確にしておき、自分らしい働き方を探してみてはいかがでしょうか。

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ